今日の人気記事
注目記事
更新情報をGET!!フォローお願いします
殿堂入り人気記事
スポンサーリンク

鳥山明「ドラゴンボール劇場版のオリキャラのバーダック感動したわ!原作にも出したろ!」←これwww

ドラゴンボール
コメント (67)
スポンサーリンク

引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1703318793/

1: 2023/12/23(土) 17:06:33.75 ID:aXupluiT0
主人公のバーダックは本作品のオリジナルキャラクターだったが、
後に原作漫画におけるフリーザの回想シーンで登場した[3]。
これは鳥山が本作を見て感動したというのが理由であり、
アニメスタッフには事前に連絡はなかったため、
キャラクターデザインを担当した中鶴勝祥は「かなり嬉しかった」と語っている[1]。
https://w.wiki/5FHU

11: 2023/12/23(土) 17:17:52.01 ID:nqze/igH0
>>2
デザインて悟空そのまんまやんけ

おすすめ記事
6: 2023/12/23(土) 17:11:30.51 ID:/kBt92qS0
ちなみにバーダック=ごぼう


10: 2023/12/23(土) 17:16:29.92 ID:dipe4xiv0
>>6
ごくうと似てる名前やったんやな
伏線すげえ…

3: 2023/12/23(土) 17:07:11.57 ID:aXupluiT0
ただし、後年の鳥山は、自分がバーダックを登場させたことを覚えていなかった[4]。

4: 2023/12/23(土) 17:10:17.43 ID:uDW9l5P50
>>3
みなさん、ここ、笑うとこやで~~~~!!!!!!!!\ドッ!!/

5: 2023/12/23(土) 17:10:37.08 ID:VvXRQaPnr
>>4
ワイは笑ったで!!!!

7: 2023/12/23(土) 17:11:33.11 ID:LXlRjQpD0
ブロリーで再登場させたからセーフや

8: 2023/12/23(土) 17:14:16.97 ID:1XJ4yt2ja
バーダックって鳥山明がデザインしたんじゃなかったのか?

12: 2023/12/23(土) 17:18:06.55 ID:zEZU2jNl0
>>8
鳥山デザインやで

9: 2023/12/23(土) 17:14:46.35 ID:Uvc6Ysys0
ゴボ超で掘り下げたからええやろ

15: 2023/12/23(土) 17:27:52.53 ID:d/6CkhJK0
中鶴の原案が上で鳥山が監修したのが下だからちゃんと関わってる
no title

17: 2023/12/23(土) 17:29:21.91 ID:WhlA6rir0
>>15
禿げてるのいて草
サイヤ人は髪型変わらんのちゃうんか

23: 2023/12/23(土) 17:33:52.68 ID:Ya7JAwFyM
>>17
ナッパも剥げたし

19: 2023/12/23(土) 17:30:03.65 ID:G5dvLOJT0
>>15
こういうの見ると全盛期の鳥山明はデザインやネーミングのセンスええな

18: 2023/12/23(土) 17:29:47.07 ID:Qo+Eu5M10
DBに限らずアニオリ設定はクソなこと多いけどバーダックの設定は見事やったな
非情な戦闘マシンで子供に冷たくても死の間際にフリーザ打倒をその子に託す
その後の後付けの甘々バーダックのひどさときたら

16: 2023/12/23(土) 17:28:30.86 ID:WhlA6rir0
子供思いの良親に改変されたけど外国じゃ虐待親はガチNG扱いになるからやろな

20: 2023/12/23(土) 17:31:19.71 ID:e7TfC49X0
鳥山明はもうドラゴンボールについては「自他とも認める代表作やし思い入れもあるけど
当時のことは思い出したくない」みたいな感じやろしなあ

22: 2023/12/23(土) 17:33:31.25 ID:BG+58sEa0
鳥山明はアニメのオリキャラも結構デザインしてるだろ

21: 2023/12/23(土) 17:32:15.18 ID:RzpqFfwe0
スポンサーリンク
テレビスペシャルやぞ

    人気記事
    おすすめ記事

コメント

当サイトのコメント欄のYouTubeなどへの無断転載は禁止しています。(詳しくはこちら)
  1. でもこのバーダック
    ラディッツの事すっかり頭から抜けてるよな

    • 俺のガキなんざ知るかよ
      タイプのバーダックだからな
      悟空はフリーザと戦う前に生まれて地球に発送される前だったから偶然あっただけだし

      • それも未来見えなかったらあそこまで意識しなかっただろうしな

      • ほんとバーダックがクソ野郎じゃないと成り立たないんだよな

  2. テレビスペシャルの設定でいいのに
    最近の設定だと親バカ入ってそうでヤダ

    • あの冷たさに異星の文化感じられて良かったのにな

      • サイヤ人って感じで良かった
        ベジータ王もそんなんだった気がする

      • ただバーダックのあの様子がサイヤ人の中では「甘ったるい病気」扱いだったり、結果的にサイヤ人以外の者を守るような戦いをすることになった時に、敵にサイヤ人の罪がどうだの、そんなことをして償いのつもりかだの絡まれた時に「戦いの時に 勝つこと以外を考える馬鹿がいるか?」とか言いながらぶっとばしたりしてたのは、ある程度のサイヤ人感もあってよかった。

  3. バーダックって戦闘力10000くらいあるんだっけ?

    • 最下級から死にかけ→回復をやりすぎて強くなった叩き上げ。

    • 18000のベジータがガキの頃既に王の力を超えてたそうだが、王の戦闘力はバーダックよりは上のはずだよな
      幾つくらいだろう

      • ・ベジータの見栄でさすがにガキの頃は王より低かった説
        ・ガキの頃からほとんど戦闘力変わってなかった説
        ・王が弱すぎて1万もなかった説

      • 生前のうちに超えてたわけではなく、ベジータが15〜16歳くらいの頃には親父の戦闘力は超えてたという意味だと思う

      • 見栄というか、子供相手に本気出すわけない説

  4. ラディッツとかいう主人公の兄貴という美味しいポジションなのに公式からハブられ続けられロクな掘り下げすらされない不遇な存在を思い出してあげて

  5. 主人公の父親とかいう超重要ポジをアニメ先出しとか今じゃ絶対許されへんやろな

  6. TVSPに出てきたバーダックと銀河パトロールジャコの巻末に載ってた話のバーダックはどう見ても別人の性格
    TVSPの方がサイヤ人ぽいけどジャコの方が好感が持てる

  7. あのケツの穴の小さな先代ベジータ王がよく下級戦士から1万以上に成り上がったような奴を生かしといたもんである

  8. サイヤ人には回復ポッドと死から立ち上がると戦闘力が4/3倍になる特性があるんだから誰でもバーダック並みになれそうだが

    • ベジータは自傷だと無理って言ってたけど
      悟空は自傷で強くなってたよな

      • アレはよく勘違いされるけど自傷で強くなってるんじゃないよ
        強くなったのはベジータ戦後の入院中に仙豆食って回復した時だけ

        宇宙船の修行は気を瞬時に高めて攻撃を受け止めるっていう、界王との修行でやってた事のベリーハード版だし

      • 死を乗り越えれば強くなるってナレーション入れておいて勘違いはないだろう

      • アレは鳥山が後付けで自傷では駄目と言う設定を付けたせいで
        おかしな事になってる例

      • 自傷といっても悟空はハードトレーニングで死にかけての復活だし何となく説得力はある
        どっちかと言うとクリリンにわざと殺されかけてパワーアップの方が違和感あるんだよな
        実はあれ言うほどパワーアップしてなかったんじゃないか疑惑がある
        目は良くなったみたいだが

      • 言い訳してもどっちも一緒だわ

    • サイヤ人同士でやり合えば簡単にあげられそうだけど途中でフリーザに消されるな

      • そもそも無制限に上がっていくわけじゃなくて限界はあるらしい。漫画版超だと突き抜けた存在の悟空やベジータでも、もう死の淵から蘇る形でのパワーアップは難しい(すでに限界に近い)と描かれていた。

    • 通常だと何回も瀕死になっていたら激強になる前に死んでしまうからそこまで強くなれないんだろう。

  9. セリパはデザインも名前も鳥山の方がええな
    18号やチライといい、短髪の気が強い女の子のキャラデザが神

    • ブルマも短髪の方が、絶対かわいい

      • 一方自慢の長髪黒髪を悟飯「長い髪は戦闘の邪魔になるんじゃないかな~」のアドバイスでバッサリ切ったら「前のが良かったのに・・・」の嵐だったビーデル・・・。

  10. そりゃ1コマしか原作には出て来てないんだから忘れるわなw

  11. >>15
    トマーはベジータの兄貴かなんかか?

  12. ベジータ王もアニメオリキャラなのに完全に定着してるな
    ターブルはよくわからんが

  13. 元スレの15、原案を活かしつつキャラ立ちが洗練されてる感じだ
    髪型や頭の形、体型の差異を大きくして個性を出してる
    ただのチンピラ集団がなんかやりそうなチンピラ集団になってる
    原案も味があると思ったが鳥山は流石だな

    • とよたろうのザマスやリブリアンがちょっと手直ししただけで超クオリティ上がってたけど
      バーダッグチームもそんな感じだな、流石にクソ上手いわ
      ここまで関わってるとは思わなかったけど

    • 本当にそう思う
      顔立ちの整ってるトーマとセリパ、サディスティックに見えるパンプーキン、彼らと違って仏頂面のトテッポとキャラの差別化ができてるように思う

    • バーダックに関しては悟空の髪型そのままよりちょっとアレンジ加えてた方がよかったような気がしないでもない
      戦闘服デザインは間違いなく鳥山版の方が好みだが

    • ジャガ→トテッポ
      トマー→トーマ
      コーン→セリパ

      名前も野菜を基にしてるのは変わりないのにセンスを感じる

      • 元の名前のコーンって一見すると男か女か分かり辛い。それに対しセリパって不思議とスゲエ女性的に感じるんだから、それだけでも鳥山先生のセンスを感じるよ。

  14. サイヤ人の頭髪だけどベジータは生後に「不気味に」は変化しないとしか言ってない
    にょきにょき伸びないってだけでハゲたり悟天みたいに弄ったりはできるんだろう動物の鬣みたいな

  15. 地毛で金髪のサイヤ人いたら後々面倒だしなw

  16. 鳥山明はターレスにも触れてくれよ
    でも知らないか忘れてるだろうが

    • あの映画は神聖樹のデザインだけでキャラデザ関わってたなかったはずなのでマジで知らなそう

    • 映画は基本パラレルワールドだぞ
      ターレスは原作の流れに入れたら辻褄が合わない
      原作の流れに入れても無理は無いのはクウラ、メタルクウラ、Zブロリー初回、ボージャック、ヒルデガーンかな

      • 最後のヒルデガーンがラスボスのドラゴンボールZ最後の劇場版「龍拳爆発!悟空がやらなきゃ誰がやる」でゲスト戦士のタピオンが持ってた自分の剣を別れ際に仲が良かったトランクスに託した=未来トランクスが持ってた謎の剣はタピオンの物、はすごい良い後付けなんだけど、そうなると色々矛盾が生じるんだよな・・・。
        「超悟飯居るなら悟空死んでも人造人間17号と18号にも勝てるだろ!?」とかね。
        ただ「龍拳爆発」自体はドラゴンボール劇場版でもかなりの良作。劇場に見に行って良かった!

      • 上の映画同時上映スラムダンク劇場版と忍空劇場版だったんだよな。スラムダンク劇場版は観たのうっすら覚えてたが、忍空劇場版完全に忘れてた・・・。
        観た記憶辿るとスラムダンクはバスケアニメだからしゃーないとしても、忍空もアニメとほとんど変わらない内容で、あまり劇場でやる内容って感じじゃなかったな~・・・。TV版の風助VSアジラダ大佐戦の方が迫力あって、こっちの方がずっと劇場版向きだった。

      • メタルクウラを原作に入れんのは時系列的に無理があるな。映画冒頭で既にデンデが地球の神に就いていたけど、それって原作だと悟飯が精神と時の部屋での修行終えた後の話だからな。メタルクウラ軍団なんか超2悟飯ひとりで蹴散らしちまうよ。

      • ヒルデガーンの復活はドラゴンボールが必要だったから
        未来の世界ではドラゴンボールなくなっていたから上半身は復活できず、
        ヒルデガーンの足をヒルデガーン特攻のタピオンの剣と笛で粉砕して
        ホイも殺して終了だったんじゃないかな?
        映画本編は悟空のこだわりで龍拳で始末しただけで、戦い用はいくつかあった。

    • 「俺とカカロットが似てるのは当然だ。使い捨ての下級戦士は顔のタイプが少ないからな」
      サイヤ人の総数は全盛期で数千人だそうだからサイヤ人絶滅前は悟空もどきが数百人いたのか

  17. 悟空の父なら顔や髪型同じでええやろのこのセンスよ

  18. クソ親がポリコレ的にNGって、逆にクソ野郎を親にもった子は主人公になっちゃいけないんですか?
    一昔前は得意げに日本の主人公はいい両親をもった幸せな家庭ばかりでだめだ、アメリカみたいに片親を多くしないととかぬかしてたくせに
    毒親クソ親もち主人公こそポリコレ的に逆に推奨していいくらいじゃないかと思うんですけど

  19. たしかアニメでは、髪型は悟空だけど顔のパーツや表情の付け方はラディッツの方が近い描き方になっていたと聞いた。

※管理人おすすめ記事
※管理人おすすめ記事
 
人気記事
本日の人気急上昇記事